幸せスイーツ

美味しいものを食べたとき、思わず「幸せ」と口に出してしまった経験のある人は多いかもしれません。
美味しいものを食べるという行為はたしかに「幸せ」であると言えます。
しかし、この「幸せ」とは「美味しい」という表現の最上級なのか、はたまた「美味しい」というだけでは表しきれない程の味わいだという比喩なのか、どういった感情から出てきたものなのでしょうか。

美味しい食べ物を口にした時、特に女性は「美味しい」という言葉以外で表現をすることが多いはずです。
「幸せ」と言う他にも、見た目を「可愛い」と喜んで言う事もあるでしょう。
「幸せ」「可愛い」という言葉は、本来は料理や食事には直結しない言い方です。
幸せであると言う事はその人の状態を表すものであり、可愛いという言葉は動物や幼い子供などのあどけなさを指して使われることが一般的でしょう。
しかし現在、女性達がスイーツに対して「幸せ」「可愛い」と言うことは自然に受け入れられるようになっています。
そこに疑問を持つ人は少ないでしょう。
万が一、異を唱える人がいたとしても、おそらくは異を唱えたその人が不思議な目で見られるかもしれません。
若い女性の言葉の表現とは、文化や時代の流れとは関係なく、自然に変化していく不思議なものなのです。

例えば近年、女性に人気のスイーツと言えばパンケーキが挙げられます。
パンケーキを食べた時、「幸せ」と呟いて頬を緩める女性は多いでしょう。
運ばれてきたパンケーキを目にした瞬間、色鮮やかで綺麗な見た目に「可愛い、キレイ」と盛り上がる女性達の姿もよく目にする光景です。
女性達が楽しそうに声を上げたその時、目の前にあるお皿の上のパンケーキの様相は確かに可愛らしさを感じさせるでしょう。
食べてみればその甘さと懐かしい食感から、幸福感のような気持ちで満たされるのも納得できるはずです。
女性達の言う「幸せ」「可愛い」は比喩的な表現方法などではなく、まさにそのままの感想なのです。
パンケーキとは幸せのスイーツであり、可愛らしい見た目がポイントの女性が喜ぶ食べ物です。
だからこそ古くから人々に愛され続け、近年ではブームとも言われるほどに女性達の心を射止めてしまったのでしょう。

誰でも幸せを望んでいます。
女性はかわいいものを見て、幸せだと思う事ができる生き物です。
パンケーキのように見た目も味も魅力的なスイーツは、女性達が存分に乙女心をくすぐられ、心身共に幸せを感じさせてくれる一品なのです。