彼女のご機嫌取りに

大切な彼女の機嫌を損ねてしまったとき、男性達はどのような手段をもって彼女の気持ちを落ち着けるでしょうか。
彼女の不満を聞いて言い返したいこともあるかもしれませんが、言い争いのようになってしまっては意味がありません。
じっくりと腰を据えて話し合い、彼女から浴びせられる不平不満を黙って聞く覚悟を決めた方がいいでしょう。

男性にとって女性の気持ちとは非常に不可思議で奥深いものです。
単純だと思っていた女性でも、実際に付き合ってみると分からない事も多く、手に余るかもしれません。
元々つかみどころのない人だと思っていた相手なら、親密な関係に発展してもやはり真意が読み取れないもどかしさを感じることがあるでしょう。
女性が男心を理解しきれないように、男性も女心を完全に把握することはできないのです。

もしも彼女の機嫌が悪いと感じ取った場合、その原因が明確に分かっていれば、謝るなり不備を改善するなりといった行動がとれるでしょう。
しかし問題なのは、彼女が怒っているのは分かるものの、怒っているその原因がさっぱりわからないときです。
付き合っている男女の間で、この問題はしばしば出てくることでしょう。
彼女が怒っていることは理解し、おそらくは自分に何かいけないところがあったのだろうと推測できたとき、男性の中にはとりあえず謝ってみるという選択をする人がいます。
プライドよりも二人の関係修復の方に重きを置き、素直に頭を下げられるその心意気はもちろん大事でしょう。
しかし彼女にとって大切な事は、謝ってくれるという行為そのものと言うよりも、謝るに至ったその過程です。
どうして彼女が怒っているのか分かっていない男性の場合、たとえ「ごめん」と言って頭を下げたとしても心から自分が悪かったと思っている人は少ないのではないでしょうか。
原因が分からない以上、自分がしたのであろう何かの言動を後悔することはできません。
しかし彼女にとってみれば、何が悪いかも分からないのにとりあえず謝っておく男性の姿はより一層苛立つ原因でしょう。
謝ったことによって怒られるという事態は男性にさらなる混乱を招きますが、そもそも男性と女性とでは重要事項に据えているもの自体が異なるのです。

もしも彼女がどういう訳か怒っていて、その原因の見当が一切つかない場合、男性は無闇に謝る前に彼女を外に連れ出すべきです。
美味しいカフェに連れて行ってパンケーキの一皿でもご馳走してあげましょう。
可愛らしいパンケーキを前にして心を動かされない女性はいません。
どんなに怒っていたとしても、甘いパンケーキを目の前にすれば彼女の乙女心がくすぐられるはずです。
パンケーキを頬張る彼女の態度がやや軟化した頃を見計らい、自分の何がいけなかったのかを訊ねてみると良いでしょう。
彼女から返ってくる答えは、案外単純な物かもしれません。